サービス・アメニティ

9つのポイント

  1. 全員女性スタッフだから安心対応
  2. 安心のセキュリティ
  3. 全フロアWIFI 無料接続
  4. 充実のアメニティー
  5. スキンケアアイテム(マーガレットジョセフィン)
  6. 食べ物持ち込みOK
  7. コンビニエンスストア徒歩3分、スーパーマーケット徒歩1分
  8. お荷物預かりサービス(事前お預かり)
  9. 季節のハーブティーまたはフレーバーティー無料

コンシェルジュ

女性スタッフに観光情報や道案内、近辺のレストラン紹介などた各種イベントについて、お気軽にお声をおかけください。

ラウンジスペース

テラスと一体となった、開放感のあるラウンジです。
中央のアートウォールには浦佐和子作品をはじめ、定期的に入れ替わるアートが飾られ、空間を彩ります。既存建物の柱梁が現しになったコンクリートと白い壁のコントラストのある空間が、ここにしかない場所をつくり出しています。 飲食可能で、自販機、電子レンジ等を併設しておりますので、お食事を買ってきていただいても、1階のドミノピザをテイクアウトしていただいても構いません。
中央テーブル、ソファ席にはコンセントを設けております。お仕事で来られた方はデスクワークに、ご旅行の方は次の旅先の情報を見るなど、さまざまにお使い下さい。
サービスフロントを設けておりますので、何かお困りの際や、近くのお店、見所を知りたいなど、何かございましたらお気軽にコンシェルジュにお声がけ下さい。

浦 佐和子

テキスタイルデザイナー。1986年東京都生まれ。ヘルシンキ在住。
2008年武蔵野美術大学卒業後、フィンランドに拠点を移し、Aalto大学の修士号を取得。その後フリーランスとして、主に自然の美と記憶の中の風景をテーマに制作している。
2010年、HeimTextile(フランクフルト)に出展。同年、Cocca主催のTextile Print Festival 2010にて入賞。
2012年、Marimekko 2012 S/Sコレクションにてデザインを提供。
2014年、東京青山にあるdoinelにて初の個展を開催。
現在は、Marimekko、Samuji、kokkaなどへのデザイン提供など、フリーランスのテキスタイルデザイナーとしてヘルシンキで活動している。

「Vehnä 麦」 フィンランドには麦畑が多く、人々にとっては馴染みのある存在。国の農産物でもあり、豊かな穀物をもたらしてくれます。そんな実りのイメージ、豊かな象徴として描きました。

「Sammal kukkii 苔の花」 フィンランドは湿地帯や湖が多く、森の苔がたくさん自生しています。日本の苔のイメージが持つじめっとしたものではなく、空気を含んだ、ふかふか・ふわふわとしたようなかんじです。そういう場所に花が咲くと綺麗だろうなぁと、ポンポンと花が咲いて苔が繁殖していくようなイメージで、暖かさを表現しました。